女医

医療に関する資格を取得して転職しましょう

チャンスの掴み方

看護師

看護学校に入学するためには試験を受けます。試験問題の内容は毎年違い、試験の時期になると多くの参考書が本屋さんに並ぶでしょう。看護学校の試験の中には面接もありますが、対策や方法が記載されている参考書は本屋さんに売っていないかもしれません。試験で高得点を出したとしても、面接官に悪い印象を与えてしまうと合格をすることができなくなってしまいます。また逆に試験であまりいい点数を取ることができなった人は先生方に好印象を与えて挽回できるチャンスがあります。面接を受ける時には失敗しないための方法を知っておくことで、良い印象を与えることができるでしょう。

看護学校の面接で1番重要なのが志望動機でしょう。面接官に自分の思いをしっかり伝えられるかどうかで評価は変わってきます。どんなに学力が高い人でも、熱意が足りないと判断されてしまえば看護学校に合格することが難しくなってしまいます。面接の時に1番多く質問されていることは「なぜ、うちの学校に入りたいのか」です。その時の態度、言葉使い、姿勢などでやる気を見せることができれば合格をすることができるかもしれません。また聞き取りやすいくらいの声で面接を受けることが大切です。小さい声で話してしまうと、自信がなく、やる気のない人に見られてしまうかもしれません。堂々とした態度で自信を持って面接を受ければ先生方を圧倒することができるでしょう。さらにインターネットでは志望動機の書き方や面接の受け方を紹介しているサイトがあるので、そちらを確認して見るとより良い情報を集めることができるでしょう。